真っ赤なトマトの方が身体に良い?

トマト

リコピンの含有量を考えると、多くが加工用に使われている真っ赤なトマト のほうが、完熟しても色の薄い「桃太郎」などピンク系の品種よりも身体に 良いと考えられます。しかもトマトの調味料や調理素材は濃縮されているため 効率よく、少ない量でリコピンを摂取するなら生のトマトよりトマトジュース やピューレー、ケチャップなどの加工品を利用するほうがおすすめです。


高血圧や肥満にもトマトは良い?

ちなみに、ミニトマトはピンク系のトマトよりも赤みが強く、リコピンの 含有量が多いので、同じ量を食べるなら断然ミニトマトのほうが身体に 良いということになるそうです。意外ですね。 もちろんトマトはリコピン以外にもビタミンA、Cが豊富なほか、ビタミンH、P といったビタミン類が多く含まれています。ビタミンH、Pはあまり聞き慣れない ビタミンかもしれませんが、お 互いの相乗効果によって、細胞と細胞をつなぐ コラーゲンを生成するほか、血管を丈夫にしたりなど、重要な役割を果たして くれているのです。 また、夏バテなどで食欲不振などの際は、トマトの持つ甘酸っぱさが食欲を 増進させる上に、酸味のもとであるクエン酸、リンゴ酸、コハク酸などの有酸 には、胃のむかつき解消や、消化を促進する働きがあるといわれております。 夏本番のこれからがトマトの旬!栄養がピークとなるこの季節のトマトを たっぷり食べて、健康に役立てたいですね。